TOP > 留学でコミュニケーション能力を培おう!

留学によって得られることはたくさんありますが、その中の一つとしてまず挙げられるのがコミュニケーション能力です。コミュニケーション能力というと語学力だと考える方が多いですが、一概に語学力だけとは限りません。
もちろん自分の言いたいことを相手に伝えるためには語学力があればスムーズにいきますが、日本人にありがちな自分の言いたいことを遠回しに伝える方法は海外では通用しません。留学中に現地の学生や先生と交流する機会があると思いますが、沈黙してしまい意見を言わなかったり、相手から何を考えているかわからないという誤解が生じるのはコミュニケーション能力が高くない証拠です。

海外ははいかいいえかの二択しかないというイメージからわかるように常にはっきりと自分の意見を言うことが求められます。



こうしたコミュニケーション能力は日本にいてもある人はあるので必ずそうだとは言えませんが、留学をした方がより身につきます。



よく留学をする前とした後ではその人の性格や人間性に変化が見られたという話をよく聞きます。
もちろんコミュニケーション能力を身につけるためには、周りを見て自分から積極的に行動する必要があります。


ほっておいて身につくものではないので注意が必要です。

そして留学中に培ったコミュニケーション能力は社会人になってからも十分に活用することができます。

むしろ語学力よりもこちらの方を重視している会社もあるくらいなので、海外経験のある方の特権といえます。